お知らせ・ブログ

知らぬ「虫」が・・・。

「さあ。今日はどんな感じにキノコが育っているかな??」と、今朝家を出ると、見たことない虫が一匹。駐車場を這っている。

なんだこれ??クワガタ??形はクワガタっぽい。でも鮮やかな赤色をしている。マジで見たことないぞ、これ。気になりつつとりあえず出勤。自転車を漕いでいると、見たことある顔が手を上げている。「・・・っこれは知っている・・」。「モトピー」と最近入社したての「ほのちゃん」だ。そうか、今日は福山SAで店頭販売があるんだった(皆さん、7月の店頭販売予定のカレンダーチェックお願いします!)・・店頭販売メンバーは朝の出動が早い。「いってらっしゃい~~」とすれ違うものの、あの知らない虫が気になる。

出勤前。福山市東部の空。

 

 

 

 

 

 

 

 

「ヒラズゲンセイ」

いろいろ調べてみると、虫の名前は「ヒラズゲンセイ」だと分かった。へえ~。名前分かっても初耳だった。しかも「有毒」と書いてある。「危険生物」と書いてある。しかも「準絶滅危惧種」と書いてある。しかもネット上で10,000円前後で取引されている。。。そんな珍しい虫が我が家付近に出没したのか、、。なんだかちょっぴりラッキー。写真撮るの忘れた、、まあいいか。。。

この世の「知っている」「知らない」を考えると、どんどんすべてが「知っているようで知らない」ことのように思えてくる。自分の場合ほとんどそう(と言っても過言ではない)。良くも悪くも「知らない」まま行動できてしまうのが「僕」というもの、、とりあえず「ヒラズゲンセイ、ありがとう!」と、瀬戸内松きのこ工場でキノコに「おはようございます」。「今日もいいねぇ~~」。

そういえば「モトピー」は自前の工具を沢山持っていて、何か工場内に不具合が生じた時の救世主的役割を持つ。何か工場に欲しいなあ~と思った時、じゃあ買おう、と思う前に「モトピー」に言ってみたりもする。なかでも収穫用台車の出来は秀逸。収穫用コンテナを2カゴ入れ込めて、菌床を置くスペース、ハサミを収納できる箇所まで、ちゃんと設計されている。しかもとっても軽量。素晴らしい。

あと、ついに「瀬戸内松きのこ工場」にもIT導入?!栽培ハウス内の温度を無線で飛ばし、スマホでチェックしています。いや~、小さなことだけれど、きのこは温度に敏感なので、身近でチェックできるのは有り難い。。。

モトピー自作の収穫用台車。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

菌床の中の温度を測定する専用温度計。

小さなIT革命。スマホと連動。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モトピー、ほのちゃん、今頃は「天ぷら」「メンチカツ」「コロッケ」を揚げているだろう。福山市内の人はまだ間に合うので今晩のおかずにいかがでしょう!ちなみに直近では、火曜日に「ふくふく市」でも販売するので、是非よろしくお願いします。

今日の収穫も無事終了。

あとは、間引き作業もしっかりと。

 

 

 

 

 

 

 

 

直売所も引き続きよろしくお願い致します!!!!!

毎日です!

ページ上部へ戻る